ライティング

Webライティングとは

ブログで覚えるWebライティングの基本講座です。今回は、初心者のためのWebライティングの基本を徹底解説していきます。

ブログがうまく書けません。他の人が書いたブログ記事と比べると、自分の文章はなんだか頭に入らないんです。
いきなり詳細の文章を書き始めずに、まずは文章構成・枠組みをしっかり作っていくことをおすすめします。
ここではブログで使える文章作成術「文章構成編」ということで説明していきます。

Webライティングとは

Webライティングとは、読む人(ユーザー)と検索エンジンの両方に対して価値あるコンテンツ(文章)を作成する技術のことを言います。
Webライティングとは読む人と検索エンジンの両方に価値あるコンテンツを作成してわかりやすく伝える技術
Webライティングとは、読む人と検索エンジンの両方に価値あるコンテンツを文章として作成する技術です。

WebライティングはSEO対策に有利

はじめに、わかりやすい文章はSEOにも有利だということを覚えておいてください。文章の作り方が下手で読みにくい文章は検索エンジンにも評価されません。
下記はGoogleのガイドラインです。

避けるべき方法
  • 綴りや文法の間違いが多い、いい加減なテキストを記述する。
  • 文章が下手なコンテンツ。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドより引用

 

「文法が間違っている文章」「延々に続く長い文章」や「主語が省略されていて誰のことだかわからない文章」など、わかりにくい文章と言えます。

検索エンジンでも下手な文章は読みにくいんですね。
そうですね。検索エンジンも人間と同じように文章を見て把握すると言われています。文法がおかしい・読みにくい文章は検索エンジンもわかりにくいのです。

 

人間に理解しにくいということは、検索エンジンも文章を把握しにくいということを覚えておきましょう。Webライティングを使って読み手にわかりやすい文章を心がければ、検索エンジンにもわかりやすいということです。

Web媒体により書き方も変わる

Web媒体により書き方も変わります。Webにはどんな媒体があるかを簡単に押さえておきましょう。これからどの媒体を利用するのかによってWebライティングの書き方も変わってきます。

■色々な媒体

色々なウェブサイト
  • 個人運営のブログ
  • 個人・企業のホームページ
  • 商品販売サイト
  • アメブロ、はてなブログ、fc2ブログなどのブログ
  • Yahooなどのポータルサイト
  • ニュースサイト、掲示板
  • Amazon、楽天などのECサイト
  • Twitter、Facebook、InstagramなどのSNS

 

どんなWeb媒体かによって、文体や書き方も変わりますね。

 

Twitterやブログなど、媒体によって特性が変わり、書き方も変わります。自分がどんな媒体でWebライティングを使いたいのか把握しておきましょう。

次は、ブログ記事を主に想定してWebライティングを説明していきます。