1-3. ワードプレス分析ツールの設定

サーチコンソールの設定方法(図解でワードプレスをスタートアップ!)

サーチコンソールの設定方法を図解でスタートアップ!【ワードプレス】

「検索者がどんなキーワードで訪れたのか分析したい!」

「ネタに困った・・・」

「書いた記事のインデックスを早くしたい!」

 

サイト運営をする上で、こんな悩みってあるんじゃないかと思います。

今回は、そんな悩みを解決するために、サーチコンソール(Search Console)の導入方法をレクチャーしていきます!

 

見慣れない言葉も出てくるかもしれませんが、順を追って設定していけば簡単ですのでご安心ください。

ではいってみましょう!

サーチコンソールを開く

Googleで「サーチコンソール」と検索して、下記のページをクリックします。

 

「今すぐ開始」を押します。

 

下記の赤枠部分をクリックします。

こちらが表示されていない場合は、画像左上の三本線(ハンバーガーバー)をクリックすると表示されます。

 

下部にある「+プロパティを追加」をクリックします。

 

プロパティタイプを選択します。

プロパティタイプには下図のように、「ドメイン」と「URLプレフィックス」という2種類があります。
これらをざっくりと説明しますと、「URLをまとめて扱いたい」か、「個別に扱う」かみたいな感じです。

今回はドメインで選択する方法をご紹介します。
下図の赤枠にドメイン名(〇〇○.comなど)を入力してください。

先頭に「http://」や最後に「/」を付けると「プロトコルとパスを削除してください」エラーが表示されます。その場合は「http://」や「/」を削除しましょう。

DNSレコードが発行されます。
こちらのコードでドメインの所有権を確認します。

「コピー」ボタンを推しておきます。

一旦、サーチコンソールのページはそのままにしておきます。

サーバー側でDNSコードを設定する

新しくエックスサーバーのサーバーパネルを開きます。

下図の赤枠にある「DNSレコード設定」をクリックしてください。

 

サーチコンソールで登録したいドメインを選び、「選択する」を押します。

 

「DNSレコード追加」を押します。

 

次の画面において、下図の赤枠の部分を変更していきます。

 

種別において、「TXT」を洗濯します。

 

内容において、サーチコンソールで先ほどコピーしていたDNSレコードを貼り付けます。

 

「確認画面へ進む」を押します。

 

「追加する」を押します。

 

以下画像のようになったらDNSレコードの設定は完了です。

 

ドメイン所有権の確認

サーチコンソールの画面に戻り、「確認」ボタンを押す。

 

うまく所有権の認証が行われると以下のような表示があります。
「プロパティに移動」を押していただけると、サーチコンソールが使用可能となります。

認証が失敗すると下記のようになります。
しばらく時間を置いてから再度「確認」を押してみてください。

 

認証当初は下記のような画面ですが、
データが集計され次第、最新の情報が提供されていきます。

 

サーチコンソールの設定は以上となります。
お疲れ様でした。