ワードプレスのスタートアップ

【ワードプレス】プラグイン設定マニュアル(スタートアップ初期設定)

【ワードプレス(WordPress)】プラグイン設定マニュアル

 

こちらの記事では、既にインストールを行ったワードプレスに対して、「プラグイン」という拡張機能の設定を行っていきます。

特に現時点では最低限必要な機能かつ、SEO上有効と思われるプラグインを導入していきます。

 

この資料で紹介しているプラグイン以外にも、非常にたくさんのプラグインが存在しますので、有益なプラグインがあればこの資料自体をアップデートさせていただきます。wordpress

それでは早速、プラグインの導入を行っていきます。

1. PubSubHubbub

このプラグインは記事投稿を行った際に、なるべく早くその更新通知を発信し、
検索エンジンに対してのインデックスを促す為のプラグインです。

ダッシュボードの「プラグイン」から「新規追加」ボタンをクリックし、下記の画面に移ります。

検索窓に「PubSubHubbub」と入力して、「今すぐインストール」ボタンをクリ ックします。

 

インストールが完了したら、「有効化」ボタンをクリックします。

ダッシュボードの「プラグイン」から「インストール済みのプラグイン」を開き、下記の状態になれば、他に特別な設定は必要ありません。

2. WordPress Popular Posts

こちらのプラグインは、いろんなブログで良く見られる「人気記事」の一覧を表示する為のプラグインです。

記事に対してのアクセスを自動で集計し、アクセスが多い順に並べて表示してくれます。

プラグインの検索窓に「WordPress Popular Posts」と入力し、下記の状態にな ったら、「今すぐインストール」ボタンをクリックします。

インストールが完了したら「有効化」ボタンをクリックします。

 

次に下記の「外観」の「ウィジェット」をクリックします。

下記の画面に遷移しますので、WordPress Popular Posts のタグを「サイドバ ーウィジェット」の範囲までドラッグ&ドロップします。

下記のような状態になったら、WordPress Popular Posts の右側にある、「▼」 の部分をクリックします。

ここから先の設定に関しては、ブログの外観に関わる部分になりますので、任意の文言や値を入力して設定を行っていく形になります。

 

タイトル ここに入力した文言がそのままブログに表示されます
最大表示数 ここに入力した記事数(アクセス数順)が表示されます
ソート順 どんな順番で表示させたいか選択します
計測期間 アクセスをカウントする期間を設定します

 

私の場合は下記のように設定を行いました。

これらの全ての設定が完了したら、「保存」ボタンをクリックします。

これでこのプラグインの設定は完了です。

3. AddQuicktag
AddQuicktag

こちらも記事投稿を円滑に進める為のプラグインになります。

プラグインの新規追加画面で、「AddQuicktag」と入力し、「今すぐインストール」ボタンをクリックします。

インストールが完了したら「有効化」ボタンをクリックします。


このプラグインを導入した後に、「設定」の項目にある「AddQuicktag」をクリックすると、様々な「HTMLタグ」を追加することが出来ます。

このタグをあらかじめ登録しておくことで、記事投稿時に良く使うタグをわざわざ入力せずに、ワンクリックで入力する事が可能となります。

私の場合は、「H2タグ」や「strongタグ」などを登録しています。

これでこのプラグインの導入は完了です。

4. EWWW Image Optimizer

このプラグインは、ワードプレス内に格納される画像を圧縮してサーバーの使用量を抑えるためのプラグインです。

ワードプレスで記事の投稿を始めると、記事の中に画像を掲載したりアイキャッチ画像を設定したります。その為には、画像データをサーバーにアップロードする必要があります。

それを繰り返すと、サーバーの容量がだんだん少なくなってしまい、ブログが重くなってしまうことがあります。

このプラグインを導入することで画像データを圧縮し、それらの弊害を少なくします。

プラグインの新規追加画面で「EWWW Image Optimizer」と入力し、「今すぐ インストール」ボタンをクリックします。インストールが完了したら、「有効化」ボタンをクリックします。


下記の画面に遷移したら、「設定」ボタンをクリックします。

下記の「メタデータ削除」のチェックボックスにチェックを入れます。

次に「返還設定」をクリックします。下記の画面の「コンバージョンリンクを非表示」のチェックボックスをチェックします。

最後に「変更を保存」をクリックします。


これでこのプラグインの導入と設定は完了です。

自動で、アップロードした画像の圧縮をおこなってくれるようになります。

5.Contextual Related Posts

このプラグインは、いわゆる「関連記事」を表示させるためのプラグインです。

A という記事を見ている時に、もし同じブログ内に何らかの関連がある B C という記事が存在する場合、関連記事として自動的に表示させることができます。

プラグインの新規追加画面で、「Contextual Related Posts」と入力し、「今すぐインストール」ボタンをクリックします。インストールが完了したら「有効化」ボタンをクリックします。

その後、下記の「Setting」をクリックします。



下記の通り、Other Archives 以外にチェックを入れて、「Save Options」をクリ ックします。

次に下記の Limit post the length の値を 40 に変更し、再度「Save options」 をクリックしてください。

これでこのプラグインの導入と設定は完了です。


6. Akismet

このプラグインはブログにアクセスしてくるスパムロボットからブログを守るためのプラグインです。

何らかの対策をしないと、コメント欄や問い合わせフォームからスパムのコメントが入るようになります。それらを防ぐためのプラグインとなります。

プラグインの新規追加画面で「Akismet」と入力し、「今すぐインストール」ボタンをクリックします。

インストールが完了したら「有効化」ボタンをクリックします。

下記の画面に遷移するので、「設定」をクリックします。
下記の画面の「SIGN UP FOR AKISMET NOW」をクリックします。

下記の画面の「日本語」をクリックします。

下記の画面の、「メールアドレス」「ユーザー名を選択」「パスワードを選択」の 欄にそれぞれ任意の情報を入力します。

メールアドレス 常に使用しているメールアドレス
ユーザー名 覚えることが出来る任意の文字列
パスワード 覚えることが出来る任意の文字列

入力を終えたら、「Continue」をクリックします。

間もなく、入力したメールアドレスに下記のようなメールが届きます。

このメールを開くと、下記のような画面が現れます。「Activate Account」をク リックします。    下記の画面に遷移しますので、「Sign in to Akismet」をクリックします。

いくつか Plan がありますが、その中でも「Personal」の中にある、Add Personal Subscription をクリックします。

下記のような画面が現れますので、「¥6000」というボタンをドラッグ&ドロップで左に移動してください。¥0 になるまで移動しましょう。

この操作が完了したら、「Create Subscription」をクリックします。
その後、「Go it」をクリックします。

ここまでが完了したら、一度ワードプレスに戻り、下記の画面の「API キーを取得」をクリックします。(この前の時点でAPIキーが表示される場合もありますので、そちらのキーを全てコピーして、下図の「APIキーを入力する」に貼り付けてください。)

「Activate this site」をクリックします。

 

下記の画面に遷移しますので、「変更を保存」をクリックします。


これでこのプラグインの導入と設定は完了となります。

7. Table of Contents Plus

Table of Contents Plus このプラグインは記事の中に含まれる小見出しを自動判別して、記事の最初に目次を表示してくれる便利なプラグインです。

目次があることでブログ訪問者、どんな内容が記載されているかを示し、ユーザビリティを向上させることが可能となります。

プラグインの新規追加画面で、「Table of Contents Plus」と入力し、上記の画面が出てきたら「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが完了したら、下記の画面の「有効化」をクリックします。

その後、自動的にプラグイン一覧の画面に遷移するので、Table of Contents Plus の「設定」ボタンをクリックします。

設定画面が現れるので、下記のように各項目を設定していきます。

基本的には上記の通り設定していただければ問題ありません。

その上で、何記事か投稿した後に、お好みで設定の変更を行ってみてください。

 

変更の可能性がある箇所は、

・表示条件
・見出しテキスト

などは、最初の設定のままではなく、何度か記事投稿をしてみて、自分で表示を確認してから変更の余地があると思えば変更をしていきましょう。

上記のようにデザインなども変更が可能です。使用するワードプレスのテーマなどに合わせて変更していきましょう。

これらの変更が完了したら、「設定を更新」ボタンをクリックして、設定は完了となります。

8. TinyMCE Advanced

このプラグインは記事作成をする際に、文章入力の補助や装飾を容易に行う為のプラグインです。

HTML などを使えなくても、ワードプレスのビジュアルエディター機能を使用して、簡単に文字の装飾を行うことが出来るようになります。

プラグインの新規追加画面で「TinyMCE」と入力して「今すぐインストール」 をクリックしてください。
インストールが完了したら「有効化」をクリックしてください。

インストール済みのプラグインの一覧ページに遷移するので、「TinyMCE Advanced」の「設定項目」ボタンをクリックします。

上記のような画面に移ります。

この画面で、ビジュアルエディターに加えたい 項目を「使用しないボタン」のところから選択し、上にある空白の部分にドラッグ&ドロップします。

すると、上記のように新たに使用できる機能が追加されました。

 

あまりに多くの機能を追加すると、記事作成の際に文章入力の画面が狭くなってしまう為、一度使用してみてから徐々に機能を追加していくことをおすすめします。

機能を追加し終えたら、「変更を保存」ボタンをクリックしてプラグインの設定 は完了となります。

以上で最初に必要なプラグインの設定は完了です。

 

ワードプレスのプラグインはかなりの数がリリースされており、その機能なども様々です。

ブログの執筆を進めていく上で、

・自分の作業を簡略化したい
・デザインを工夫したい

というように思ったら、「ワードプレス ○○ プラグイン」と Google 検索を行 ってみてください。(○○ = 実現したいこと になります。)

 

例えば、記事の中にエクセルで作るような表を挿入したければ、
「ワードプレス 表 プラグイン」などで検索をすれば色んなプラグインがあることが分かります。

プラグインはワードプレスを使用する上で、カスタマイズする為に活用すべき機能になりますので、自分らしい記事執筆の為にも色々と探してみてください。

プラグインについての解説は以上となります。