ブログGoogle対策

Amazon詐欺メールの見破り方と確認方法!件名・画像でフィッシング対策しよう【from:account-update@amazon.co.jp】

最近増えているAmazon詐欺メール!こちらの見破り方と確認方法をお伝えします!

去年から、Amazon詐欺メールが増えているそうです。

 

一見しても、全然わからないようになっています。見事に・・・

こちらについて困っている方が多いそうなので、見破り方と確認方法について解説します!

Amazon詐欺メールはどんなもの?まずは該当するか画像でチェック!

結論から言うと、こちらは詐欺”です!

 

以下のようなメールが急に来ます。
・・・突然、このようなメールを受信しましたらどう思いますでしょうか?

差出人のアドレスはamazon.co.jp(account-update@amazon.co.jp)です。

件名は「Аmazon. co. jp にご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認」というもので来ます。

画像のような文面、アドレス、件名で送られてきたらご注意くださいね!

もし同じようなメールを受信された場合は、
URLを決してクリックしないようにしてください。
即刻メールを削除しておきましょう。

・・・とは言っても、

詐欺メール・迷惑メールの中身が巧妙になって来ているので、不安になってしまう方もたくさんいらっしゃるかと思います。

そこで、今回は、オフィシャルでも伝えられている確認方法をお伝えします!

見破り方!Amazonから来るメールの正しいアドレスは?

Amazonからくるメールは以下のアドレスでしかないと公開しています。

まず、「本当にAmazonなのかな?」と悩んだら、こちらの図をチェックしてみてもらえると良いかと思います。

本物かどうかの確認方法は?

上記のアドレスから来たメールアドレスだとして、明らかに詐欺メールだと気付いた場合でも、もしも本当だったとしたら困るな・・・といったように感じる方もいると思います。

 

例えば、アマゾンプライムを良く利用していたり、支払用にカード情報などを登録していたりすると、「正しいメールを誤って削除してしまわないか!?」と不安になりますよね。

なのでそのメールが本物かどうか確実に見抜くためには、
アカウントのメッセージセンターを確認しましょう!

 

  1. まずは、スマホでもパソコンでもいいので、Amazonにアクセスしログインします。
  2. ログイン後メニューを開き、【アカウントサービス】→【メッセージセンター】を開きます。Amazon公式から届くメールはここの「すべてのメッセージ」で確認できます。※メールに記載されているURLは絶対にクリックしないようにしましょうね!

上記の方法でメールを確認してみてください。

ここに表示されないものは公式から送られたものではなく、全て偽物!という事になります。

 

確認方法チェックリスト!

チェックリストをまとめました!さくっとチェックしたい方はこちらを参考にしてください!

・送信元のドメインを確認(メールアドレスの@以降)

・記載されているURLを確認(クリックは絶対にしない事)

・お問い合わせ先を確認

・Amazon以外でも、直接メールは操作せず、アプリorブラウザからログインしてアカウント情報を確認

・宛先(受信したアドレス)を確認

・日本語がおかしくないか確認

・Amazonの場合、アカウントサービスのメッセージセンターを確認

 

クリック・入力してしまった時の対処方法

一番ベストな対応は、

「クリックしない、入力しない、操作しない」です。

 

もしも、クリックしてしまったり、入力してしまったりしたらどうなるでしょうか?

そのように、なりすまし・詐欺メールに騙されて操作してしまった場合は、その事象に気付いた時点で、素早く対応することが必要です。

とは言いながらも、そのようなリンクURLをクリックした時点ですでに最早手遅れ・・・ということもあります。なので、下記のやり方が対処方法の全てではないということだけご理解下さい。

クリックしてしまった、どこかのサイトに飛ばされた

もしもクリックしてしまったり、どこかのサイトに飛ばされたりしたら、一切無視して、ページを離脱しましょう。直ぐに切ってしまうのが一番良い方法です。

突然、ダウンロードが始まった

操作ができる状態であれば、ネット接続を遮断して、すぐにデータファイルを削除しましょう。
有線接続ならケーブルを引き抜来ます。スマホであれば、モバイル通信やWi-Fi接続をOFFにしましょう。

クレジットカード情報を入力してしまった

すぐにカード会社へ連絡し、カードの使用を停止しましょう。

住所など個人情報を入力してしまった

個人情報が悪用される可能性があります。警察や消費者センターなどに相談しましょう。

まとめ

さて、今回はAmazon詐欺メールの見破り方と、確認方法についてお伝えしました。

件名やドメインなど、直ぐにチェックできるポイントは多数あるので、まずはそちらから確認されるといいと思います。

そして、もしクリックしたり個人情報を入力してしまった時も、焦らず対応しましょう。そちらも今回の記事でまとめました。

Amazonメールのフィッシング詐欺に騙されないように気をつけていきましょう!