セールス

プレゼン必勝法!趣味やビジネスのセミナーを効果的に行うコツ

ネット検索。電車の広告。

色々な情報に触れていると、世の中に

多くのセミナーが溢れていることに気づきます。

 

「将来の貯蓄が心配だな〜」→経済セミナー

「自己成長したい!」→ビジネスセミナー

「起業ってどうやるんだろ?」→開業セミナー

 

セミナーに参加すると、

すごく「変わった」気になりますよね。

中には「あぁ、これで人生勝ったわ・・・」なんて顔している人も。

これ、要注意だと思います。

 

 

僕が思う、

セミナーで参加者にガッと成長してもらうため、

講演者が考えていると思うことを記事にします。

 

 

100人規模の半年間コンサルセミナーで。

Aさん:「あー!面白かった!」

Bさん:「俺も○○さんのようになれるぜ~」

Cさん:「むしろ、○○さんと肩並べて仕事できるようになりたいな~!!」

A,B,Cさん:「頑張って学んでいきましょうねー!」

 

 

 

セミナー後に聞こえてきそうなセルフです。

ただ、このセリフの内容だけで、

Aさん、Bさん、Cさんの運命がうっすら見えて来るようです。

 

 

 

 

おわかりの通り、

断然、Cさんが1番成長するでしょう。

 

 

Aさん:「あー!面白かった!」

・・・お客様。

自己満の落とし穴にはまっているので、

翌日には頭からすっぽ抜けていそうです。

 

Bさん:「俺も○○さんのようになれる気がするぜ~」

・・・ついていこう!という意気込み良い。

ですが、うまくいったとしても、

主催者から見たら成功者のうちの1人

としか映らずあまり目立たないでしょう。

 

Cさん:「むしろ、○○さんと肩並べて仕事できるようになりたいな~!!」

・・・半年後には師弟を超えて、

ビジネスパートナーになるところまで想定。

 

 

当然、Cさんは取り組み方も段違いでしょう。

誰よりも主催者の気持ちを考えて行動・発言してくれそうです。

 

主催者から見れば、

断然Cさんがかわいく思えるように思います!

 

 

〜月日が経ち、

Cさんは主催者に引き上げられ、

地位と実力をいかんなく身につけているのであった・・・

 

 

 

 

 

このようなCさんを多く誕生させるのが

プレゼンターの醍醐味。

 

セミナー主催者も思考を巡らせていくと

楽しいセミナーが作っていけそうです。

 

 

 

僕は、3年前からバリスタライセンス取得を機に

コーヒー教室をやってきました。

 

ある時は、ラテアート教室を、

ある時は、世界コーヒー飲み比べカッピングを、

 

老若男女、

下は3歳から、上は70歳くらいまで。

 

単発参加も入れて300人くらいに教えてきました。

(ラテアートとか本当に年齢の壁が無いと実感!絵書くのが嫌いな人はそういない)

 

 

主催者として大切なのは3点。これかなと!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①徹底した準備。

②エンターテイメント性。楽しませる笑わせる。

③将来的に良い影響となればいいな!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

①徹底した準備。

準備が8割

 

成否は、これで決まると言っても過言ではない。

 

準備不足で何回泣きそうになったことか。

(コーヒー自体を忘れた時は、穴掘って隠れたかった。笑)

 

しつこいくらいの確認がちょうどいいです。

 

 

●エンターテイメント性。楽しませる笑わせる。

楽しませたい!という気持ち。

話ばかりだと飽きて眠くなるので、

「ワーク」をタイミング良く入れます!

 

「”苦味”、”フルーティ”というワード使って、

隣の人と飲み比べの感想話してみましょう!」

「協力して、ラテアート練習しましょう!」

 

ワークを通して仲間ができる。

それだけでも意味がある。

 

女性:「そのラテアートめっちゃかわいい!どうやったの??私もマネしてみよー♪」

 

硬派ヤンキー:黙々とラテアートを描いて、一言 「”くまちゃん”」

 

子供達:「えー!!いいな、いいなぁ!私も!僕もやりたい!いついつ?ねぇ!」

 

外国人:「コレハ、オモシロイネ!国旗カクヨ~」

 

 

 

まっっじで!!

ラテアートはみんな楽しんでくれる、

ステキなものだと感じています。

 

 

年齢も、性別も、国の違いも関係なく。

 

 

 

●将来的に良い影響となればいいな!

楽しむ中で、”将来的なもの”として思ってくれると、こちらも何かしてあげたくなる。

 

体験を通して、

「バリスタって面白そう!」

「コーヒー教えて見たいんですよね!」

という方もいらっしゃる。

 

 

ある日頂いた、”印象的な言葉”があります。

 

児童館で高校生に教えた時のこと。

 

高校生Hくん:「やりたいことってなかった。

けど、バリスタっていう進路も考えてみたいと思った」

 

 

・・・・・いやー、

これは嬉しい言葉でした!!!

 

 

今やっても、やらなくてもいいけど、

将来的にいつか、

同じような思いでバリスタをやってくれる日が来るなら!それほど嬉しいことはないので。

 

 

同時に、多感な高校生に何かを教えるという責任感も学びました。

(小中高の先生方々はすごい!)

 

もしチャレンジする日が来たら、

Hくん全力でサポートしますね!

 

 

 

まとめると、

 

 

お客様の立場に立って、

どれだけ自分ごとにさせて、将来、

肩を並べる存在に仕上げていくか!?

 

 

これを実施していくことが、

参加者にセミナーを楽しませるコツなのかなと思います。