スマホ1つでどこへでも
身軽に旅するように

〜ビジネスを旅するように~【TRANSIT!】
副業やブログのテクニックについて
ビジネス全般的にご紹介します。
セールス

デキる営業マンのイメージモデルは「映画」のジャイアン!

デキる営業マンは「映画」のジャイアン!

 

「映画」のジャイアンのようになれ!

これほど、営業の心得を的確に

表した言葉はないと思います。

 

 

B to Cの対面型ビジネスにおいては特にです!

 

今回は、「実はトップセールス!?」と唸ってしまう

ジャイアンの実力を検証していきたいと思います!

 

「映画」のジャイアンがセールス力に優れている理由

「映画のジャイアン」です。「いつものジャイアン」ではないです!

これ、要注意です。

映画のジャイアンをイメージしてくださいね!

 

 

いつものとは? or  映画のとは?

 

実際にジャイアンのセリフで比較すると、

その差が分かりやすいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーー

「いつも」のジャイアン

ーーーーーーーーーーーーーー

 

「お前のモノは、俺のモノ、俺のモノは俺のモノ。」

 

「いつ返さなかった?永久に借りておくだけだぞ。」

 

 

俗に言う”ジャイアニズム”の代名詞とも言える

セリフです!のび太を泣かせる姿が浮かぶ。。

 

多くの人には「いじめっ子」として

写っているのではないでしょうか。

一般的な視点から見れば、

力でねじ伏せようとする問題児であります。

 

ギタギタメロメロボロボロにしてやる。」

 

恐ろしい・・・(笑)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

「映画」のジャイアン

ーーーーーーーーーーーーーー

 

「のび太!ちからを貸すぜ!!」

 

「男ならやってみろ」

 

 

同じジャイアンですか!??

セリフだけ見たらもはや別人でしょう。

 

映画では、ガキ大将ならではの情の厚さが、

前面に溢れたジャイアンが見られます。

間違いなく”イイやつ”なのである。

 

 

「友達に助けを求められて、知らん顔してられるか!」

 

 

こんなセリフ言われたら惚れてしまうでしょう!

 

 

 

まとめるとこう。

・いつものジャイアン:

ピラミッド構造。縦割り社会。トップダウン。

 

・映画の ジャイアン:

アニキ。仲間。まさに心の友。

 

このように、

映画のジャイアンはまさに頼れる兄貴なのであります!

 

デキる営業マンはのび太でもスネ夫でもいつものジャイアンでもなく、「映画のジャイアン!」

営業セールスにおいてもこの考え方は非常に大事だと思います。

もし営業マンを対面した場合を考えてみてください。

 

のび太みたいに、フニャフニャした営業マンだったら・・・

頼れないですよね。

 

 

スネ夫みたいな嘘くさい営業マンだったら・・・

信じ切れないですよね。

 

 

いつものジャイアンみたいに圧迫セールスだったら・・・

もう会いたくないですよね。

 

映画のジャイアンみたいな兄貴分キャラだったら・・・

…ん!?…なんか頼りたくなりそうですよね!?

悩みも話せてしまいそうです。

 

 

このように、

ついつい悩みを話してしまえそうな兄貴分になるのが、

営業を成功させる上で大事かと思います。

 

もし、

営業先の人の心がなかなか掴めないなぁ・・・

とお悩みの時は、今回の話を思い出してみてくださいね!