マインド

ノウハウコレクターから脱却する方法はこれ!爆発するまでインプット!

そのためには。

降りて来る感覚をずっと待つ。

インプットしすぎて爆発するまで。

 

 

僕は、ずっとノウハウコレクターでした。

学生のころから

自己啓発本が大好きで、

何となく変わりたい!どいう目的無い意識で

読み漁っていました。

 

 

ただ、おかげで本には何の苦手意識もなく、

むしろ好き!なのですが、

身になったかというと怪しいです。

 

やはり目的ないと力に付かない。

知識を溜めるばかり。

ノウハウコレクター。

 

 

啓発本のタイトルって、

キャッチーと言いますか、

甘い言葉のオンパレードですよね。

「人生がうまく行く47の法則」

「人間関係に悩まない20のレシピ」

「稼ぐ、稼げる10の秘伝」

 

このようなタイトルを見ると、

「ホントかよ!??」と疑いながらも

「もしかしたら・・・!!」なんて期待してしまう。

 

現状が嫌で、本に逃げていたのだと思います。

そのような本を読むと「変わった気」になるので。

(本が悪いのではなく、僕の活かし方が悪い)

 

若すぎるぞ自分!!!(笑)

自己満でした。

 

 

大事なのは、本を読んだあとの行動なのかなと!

 

 

そんなノウハウコレクター時代の僕に似ている

Aくんから、

今朝、この様なメールをもらいました。

_________________________________________________

「インプットする際、何を心掛けていますか?」

_________________________________________________

 

 

 

僕なりに3点伝えました。

・ひたすらインプットしまくりましょう!

・SNSやブログに書きましょう!

・人に教えましょう!

 

 

何が言いたいかというと、

とにかく

 

<超インプットアウトプット>

 

 

特に、

「人に見られている意識」

 

が大事と思います。

 

 

これを膨大な数こなすこと。

 

ある日突然、ひらめきが舞い降りて来る

なんて日がおとづれます。

(それは人と話しているときが多い)

 

 

例えばニュートン。

 

疑いもなく最高の英知を備えた人間でしたが、

その発見の秘訣を聞かれたとき、

 

「いつもその問題を考え続けていたからだ」

 

と、こともなげに答えたそうです。

 

「リンゴが落ちたから閃いた」

のではなくて、

 

ずーーっと重力について考えていたときに、

たまたまりんごが落ちたのがトリガーとなって

閃いたということかなと思います。

 

 

 

 

僕はやっていた食品の商品開発の仕事は

膨大なアウトプットが求められる激しい世界でした。

 

日々、新商品が登場(年間にして200以上!)

膨大かつスピーディにアウトプット。

 

しかし、

インプットなくしてアウトプットならず。

ネタはすぐに枯渇してしまいました。

 

 

 

これはイカン!!!

 

と思い、「展示会」や「市場調査」など

がむしゃらなインプットに徹していると、

ある日、

新基軸商品のタネになる商品を着想しました。

 

(その後、10億円以上の生産機械を導入して~という大プロジェクトに!)

このような経験は、

資金力のある会社ならでは可能なので

ためになる経験ができる!

 

インプットしまくった日があったからであると

確信しています。

 

 

 

インプットをしすぎると爆発する。

降りて来る感覚を、ずーーっとまつ。

 

 

散々やって、煮詰まって、煮詰まって。。。

 

インプットしたことは積み重なり、

いつか、他に類を見ないアウトプットに

たどり着くものだと信じて。