スマホ1つでどこへでも
身軽に旅するように

〜ビジネスを旅するように~【TRANSIT!】
副業やブログのテクニックについて
ビジネス全般的にご紹介します。
一人旅

ナガンヌ島|ひとり旅の出会い!沖縄の無人島でテレワーク(wifi意外と通る)噂のテレケーションを当日予約やってみた

ナガンヌ島に当日予約で行って、wifi通るか心配しながらもテレワークしてみたらめっちゃ楽しかったテレケーションの話【沖縄/無人島でひとり旅からウエディングフォトする新婚さんとの出会い】

 

「無人島ナガンヌ島」ってご存知でしょうか?

沖縄から20分とめちゃくちゃ好立地な場所に、その無人島はあります。

日帰りで行けるので、
無人島初心者にはとてもオススメなんだとか。

「沖縄でテレワークしたらさぞ楽しかろう」と思い、
那覇空港に到着してすぐこの島のことを知りました。

 

最近、テレケーションなんて言葉も生まれたらしいですね。
(テレワーク+バケーションの造語らしいです)

ワーケーションともいうらしいですね。

 

そして、
僕はとんでもないことを思いつきます。

 

無人島リモート業務してみたら面白くね?

思ったが吉日。

 

ひとり旅の予定をソッコー決めて、あとは翌日を待つのみでした。
今回はどんな出会いがあるかな〜!!

テレケーション♪当日予約でナガンヌ島に到着!

まずはナガンヌ島とはどんな島なのか!?ご覧ください↓↓↓

ナガンヌ島公式HP

 

リンク先は公式HPですが、見てしまったが最後。。。
美しいコバルトブルーに目を奪われます!!

 

さて、思いつきも甚だしいほど急ピッチで決めたものの、
1つ問題がありました。

「当日予約ってOKなのか・・・?」

(しかもコロナの事情もありますしね・・・)

 

結論、、、、

 

余裕で大丈夫でした。笑

 

 

当日に思いついても、
予約ページで予約できなくても、
希望を捨てず電話することをお勧めします!

 

「船の水しぶきで虹が!!!」

 

Zp8gizLqQkuZ9bDqLLnJ2Q

ちなみに面白い出会いも期待して行ったものの、
船ではカッポーとご夫婦ばかりでした。

ウエディングフォトを取りに行くらしい
ドレス姿のカッポーもいましたね。

 

さて、、、面白い出会いはあるのか!?

ナガンヌ島へ到着!リモート準備万端!コテージでテレワーク開始!

さて、ナガンヌ島へ到着した私。

 

まずはいそいそとコテージを予約。
これも当日予約でめっちゃ心配してましたが余裕のOK。

(意外といいタイミングで来たかも)

(コテージが5000円で借りられます!)

 

コテージに着くやいなや、
最初にやったことは

海に潜る

いえ、違います。

 

砂浜を歩く

いえ、、違います。

 

 

私は・・・パソコンを開く!!!

しかも2台!笑

意外でしたが、wifi余裕で通りました。

むしろバリバリで、自宅よりも感度いいくらいでした。

(ナガンヌおそるべしや・・・)

 

意外にも超快適な仕事環境で、テレワーク開始!

 

聞こえるのは波の音だけ。
(うおおーーー!!!めっちゃはかどる!!!)

目線を上げれば眼前にはコバルトブルーの海!

気づいた。

あぁ、気づいた。

 

気づいてしまいましたよ。。。

 

ナガンヌ島は、テレワークに最適な場所だった!

行ってみないとわからないものですね。笑
ただし、ナガンヌ島内のいろいろなところで電波拾ってみていたら、
注意点もあることに気づきました。

ナガンヌ島でのテレワークにはレストコテージが必須!

ナガンヌ島でテレワークをしたいのであれば、レストコテージはますとかもしれません。

 

眩しい太陽の光を遮るため・・・?

 

いえ、違います。

 

なぜか、

レストコテージの中は
電波がめちゃくちゃいいんです!!!

東京にある家よりもサクサク動くって・・・

島の電波ナメてました!
サーセン!!

 

ちなみに、レストコテージ以外は電波弱かったです。

これはちょっと理由がわからなかったですが、
砂浜の方でGメールを受信してみると受信するだけで数分かかったり・・・

でも、レストコテージは一瞬なのですよね!

 

レストコテージは必須かもしれません。
こちらは可能であれば予約して行った方が良さそうです!

リモートでテレワークするために便利な設備たちをご紹介

ナガンヌ島でのテレワークをする上で、ナイスなアイテムがいくつかありました。
そちらをご紹介します!

ロッカー

少し心配していたことがあります。

「パソコンとか持って行ったら、盗まれやしないか心配・・・」

 

さて、これについては結論、
問題ありません!

 

ちゃんとロッカーがありました!
300円で1日使い放題!

これはありがたいですね!

 

ちなみに、レストコテージを予約するなら、
コテージ番号が若い方がロッカーに近いのでお勧めです!

 

レストラン

船着場からすぐの場所に、
島に唯一(?)のレストランが存在します。

こちらでお昼ご飯を食べることができます!
チケットを買うときにお昼のチケットもくれるので、
こちらで食べられます!

(カレー or タコライス)

 

・・・僕は即決でタコライスにしました。
どうせなら、沖縄っぽいものがいいかなと。

 

ポテチとか、コーラとか、
たこ焼きなどの軽食も揃ってるので、
手ぶらでもお腹を満たすことは十分できます!

 

ウエディングフォトの新婚さん(?)との出会い

一緒に乗船した方々の中でいらっしゃったのが、
ウエディングフォトの新婚さん!(顔出しはNGのようなので後ろ姿で・・・)

 

船の待合室から、
奥さんの方は純白のウエディングドレスを来ていました。
旦那さんはシャツとベストに短パンのカジュアルコーデ。

(船着場にウエディングドレスっていうアンマッチ感が何とも面白い・・・!!)

カメラマンが数人一緒でした。

 

その方々と船に一緒に乗り込み、
島へと向かう。

 

ひとつ思ったのが、
ずっとウエディングドレス着てるんですよね。

ナガンヌ島に向かう時も、
島で海をバックに写真撮影する時も、
島から帰って来る時も。

 

大変そうだなぁーーー

 

と思いながらも、
ご夫婦のステキな笑顔をみていると
嬉しさで満ちてるんだなー

と思い直しました。

 

メインイベントと思われる
海での撮影なのですが、

 

めちゃくちゃドレス濡らすんですね・・・

 

「あ、、、濡らしちゃった・・・!!!」
なんて声が出てしまいましたよ。

 

被写体の方々は海の方を向いて、
後ろ姿の写真を何度も撮っていたようでありましたが、

アラバスタの麦わら海賊団かよ!手、あげるやつ!!

 

なんてツッコミもついつい繰り出しちゃいましたね。笑

 

 

ちなみにインタビューしてみました。

「どうしてナガンヌ島に撮影に来たんですか?」

と問いかけると、

沖縄本島から近いから!ウエディングドレスをずっと着てるの辛いだろうし・・・あとコロナで近場の島でも人少ないと思って。

 

だそうな。

優男かよ!涙

 

みなさん、ウエディングフォトなら今がチャンスかもしれません。

 

警戒心旺盛な”お魚たち”と出会うには・・・

 

 

実は、少し海にも入りました。

(やっぱりテレワークだけで終わるのは・・・すみません!!(笑))

 

そこで思ったのが、お魚たちは餌に異常に反応するってこと!!

 

気づかなかったのですが、
水着のポケットにクラッカーのかけらが入ってたんですね。
それが身に入った瞬間に溢れてしまう・・・・

すると、360度、四方八方からの魚の群!!!!!

 

「め、めっちゃこわ〜〜〜」

 

どこまで行っても大きめのお魚があとをつけてきて、
めっちゃ怖かったっす・・・笑

 

海を汚さない程度に、
多少の餌があったりすると魚の人気者になるかもですね。

(島の景観を壊さないようにご注意ください!)

 

ナガンヌ島のテレワークまとめ

ナガンヌ島はテレワークにぴったり(笑)なだけでなく、
色々な出会いもたくさんありました!

そして割と思いつきの弾丸トリップでもいけちゃうようなので、
是非とも電話して弾丸ツアーを楽しんでみてください!

 

皆さんも素敵なテレケーションを!