企画

企画を即興で作る裏技。言い訳STORY作っちゃえ!企画力”まずは裏の話”

人は、

そんなにはっきりといった「意見」を

持っていない生き物です。

 

人は何も欲しくない。

だから、セールスマンのSTORYを買う。

 

つまりは、

何を「売る」じゃなくて、

どんな「STORY」を描けるか。

 

 

例えば、職場でこんな依頼されたとしたら。

課長:「〇〇部長が栄転することになった。

ちょっとお店の予約取ってくれないか。

今日開催で!ヨロシク!」

 

・・・かなりぶん投げですよね!??

 

A案:まずは部長を気持ち良くさせよう。

B案:みんなの意見で多いところを選ぼう。

C案:こういう会で1番人気なのは中華らしい。中華を嫌いな人はいないから。中華なら会費は3000~4000円のようだ。そういったお店をリサーチしよう。

 

 

さて・・・・・

どれがベストな選択でしょうか?

 

決められないですよね??

 

 

ぶん投げほど辛いものはない。

人は条件の中でしか、考えられないものです。

「自由に考えてくれ」という指示は逆に難しい。

 

・こういうお客様に。

・こういうコンセプトで。

・こういう雰囲気で。

・これくらいの予算で。

 

エッジのたった企画というのは、

このように前提条件がしっかりしている時にこそ発揮されます。

(企画の王道)

 

・企画は「条件」があって初めて意義を持つ。

・大半の人が企画しなければならないシチュエーションは、「条件」が広すぎる。

(前例の課長のように、無策・何も考えていない人に企画を提案するのが大半)

・なぜ、そのアウトプット(企画)に行きついたかが、とても重要。

 

 

条件が広すぎると、A案、B案、C案。

結論、どれも正解になりうる。

 

ストーリーを持っていれば、

その企画は素晴らしいものに生まれ変わるため。

 

・・・・・・・・・・・・・

 

もう少し詳しく説明します。

 

人はそんなにはっきりといった「意見」持っていない生き物。

明解に「こうしたい」というのがない。

 

何もイメージがない人・ぼんやり思考の人

にいきなり企画を持っていっても、

100%響きません。

 

条件がないならば創る!!

 

 

このSTORYを創るスキルは、このような場面で使えます。

・クライアントへの資料提出。

「この資料は相手の上長に説明しやすいから」

 

・よくわからないけど、これ「欲しい」と思わせた人を動かす。

「売れているから、持っていないと乗り遅れそうだから、、買ったんだ」

 

【重要】

決断できない相手に必要な「企画」 

= 相手に言い訳を与えられる「企画」

 

このSTORYで、

世の中のほとんどの企画は成り立っています。

 

結論、企画の裏とは、

 

何を「売る」じゃなくて、

どんな「STORY」を描くか。

 

 

 

もし、

少数ですが具体的な条件、

イメージを持っている人が相手なら。

 

王道の企画のやり方が必要です。