ビジネスデータベース

個人営業(to Cセールス)

個人営業の始め方

・対個人(to C)型の営業は、個人レベルでの信頼が求められるため、比較的、ビジネスを始めて行う方にもとっかかりのつかみやすいものとなります。

・いきなり商材を自主開発することは資金力的に難しいため、初めは他社の商品を代理で販売する「代理店販売」の形を取ることが多いです。

・その場合は代理店販売を登録できる事業会社と契約を交わします。

・利益率は、契約会社にもよりますが、売上の10~20%程度になります。

・個人とアポするための交際費が負担になりやすいので、「固定費をいかに削減できるか」「少ない回数で契約へと導けるか」がポイントとなります。

ポイント

・初心者でも取り掛かりやすい

・商品販売会社と契約して営業を行うことが多い

個人営業のメリット

・アポイントから契約までのスピードが迅速。

・即金性がある。

・深い商品説明は必要ない

個人営業のデメリット

・信頼が得られにくい。

・契約会社に依存する割合が多い。

・個人レベルでも成約させるスキルが求められる。

個人営業リアルノウハウ