ブランディング

個人ブランディングの構築方法(概念編)キムタクはなぜ家族の話をしないのか

この記事では、

ブランディング構築をする上で

はじめに意識すると良い考え方をお伝えします。

個人のブランドが重要視される時代。

 

SNSもそうですね。

ビジネスにおいても、

 

これを突き詰めることで、

いち早く突き抜けられると思います。

 

ただ、抽象的な概念です。

 

「ブランドはブランドでしょう~??」

「ブランド?ロレックスのこと?」

 

マーケティング部の人に聞いてみた答えです。

どうやら専門の人もよく分からないらしい。。。

 

 

Wikipediaで調べてみました!

ブランド: brand)とは、あるサービスを、他の同カテゴリーの財やサービスと区別するためのあらゆる概念。消費者の中で当該財サービスに対して出来上がるイメージ総体。

・・・・・・よく分かりません!!!

引用:wikipedia

 

Wikipediaであっても、伝えるのに苦労するような概念のようです。

そして、

ちゃんとブランドについて語れる人間は少ない。

 

 

逆を言えば、

ブランドを理解できれば、

圧倒的な差をつけられるということですね!

 

【ブランドとは!?】

一言でいうと「イメージ」。

 

 

ブランディングが注目された背景として、

その始まりはFacebookの流行によります。

 

個人ユーザーは、

本名・顔出しで自分で発信していくため、

周りからどのように見られたいのか?意識し始めました。

 

「いかにして自分を見せるか?」

 

これがFacebook登録数に比例して、広く浸透しました。

 

 

ここで勘違いしてはいけないのが、

「イメージは相手が決めること」

 

・アルマーニ着てるから、俺イケてるよね!

→このようなセリフを言う人がいると仮定。

もしアルマーニが似合わなかったら!?

・・・なんと思われるでしょうか。

 

「寒い。なに調子乗っちゃってんの!?」

と思われるがオチ。

アルマーニ、イケてる!というイメージは、

自分ではなく周りの人が決めるものです。

 

大半の人間が、

キャラブランディングに失敗する理由はこれ。

 

「自分のことしか考えていないから」

 

 

つまり、「タレント活動」といえば

分かりやすいでしょうか。

 

・キムタクが、家族の話をしない。

・レイザーラモンHGは、元生協コープ勤務

・破天荒キャラの平成ノブシコブシ吉村は、本来は北海道の純朴な少年

 

→ブランドイメージづくりのために隠している。

(ブランドのためには、見せないものを決めることも重要です。)

 

僕らが獲得すべきイメージとは??

 

それは、

 

『 憧れ 』

 

・「この人かっこいいなあ~」

・「こんな人になりたい」

・「ビジネスの教えを乞いたい」

こんな感情を、相手に与えられる魅せ方を。

憧れられないと、次のビジネスにつながらない。

 

 

・ケータイ

なんだかんだAndroidの方が、性能も含めてiphoneより良いらしい。

だけど・・・・・

アイフォンが人気ですよね。

 

・車

プリウスは燃費もいいし、税金も安いし生活的に効率的。

だけど・・・・・

BMWが人気ですよね。

 

→憧れられる、ワクワクするように、

右脳に働きかけるイメージを作ると強いです。

スマートフォンと言えば多くの人が

「アイフォン」を思い浮かべるように、

 

カテゴリ=「自分」

 

と、もはやカテゴリを代表する存在になれれば、

最強のブランドと言えます。

 

 

僕が行っていた仕事では、

<カテゴリ=その商品 >

と言える強力なブランドがありました。

 

そのブランドを冠する商品を新開発するだけで、ほぼ商談の手間なく売上10億以上!

 

 

ブランドの信頼があるので、

言葉が必要無く売れていく無双状態でした。

 

ゆえに、「ブランドは魔法」と思っています。

 

まとめ

ブランドは独りよがりに考えると破綻する。

ブランド構築とは、「憧れ」を創ること。