セールス

ドタキャンの本音!防ぐ予防テクニック。デート・待ち合わせ・ビジネスで

暑さも最高潮の14時ごろ、新宿駅前にて。

Aさん:「すみません、急用で、今日いけそうにありません!!」

 

ギラギラした太陽の下、呆然。

真夏のコンクリートの上で思う。

これは、あれですね。

 

<<<ドタキャン>>>

 

「マジあり得ないっすよ~!!」

 

と、怒りも混じった声で相談をされました。

 

 

いやー、悔しそうでしたね!!!

相手方は何の用事かは知りませんが、

 

キレイごと抜きで、「優先順位負けたか~!」

と感じたことかと思います。

 

こういうトラブルって多いのではないかな??

 

 

そこで、今回のテーマはこちら。

「ドタキャンされない方法」

 

 

まずドタキャンについて僕の印象ですが、

 

ドタキャンって、

やっちゃいけないことだな~感じます。

(アタリマエですかね!?)

 

もし、それが仕事ならあり得ないことだから。

商談に遅れていくなんてNG。

 

 

「友達との約束でも?

そんなに固く考えなくていいんじゃないの~??」

なんて言われるかもしれるかもしれませんが、

 

「友達との約束さえも守れない人は、

仕事の約束も守れない」

 

そんなものじゃないかな〜と思います。

 

そもそも、

守れない約束なら、

最初からしないほうがいいと思うので。

 

 

 

まずはドタキャンする人の思考回路を

突き詰めていくことが必要です。

 

ドタキャンする人の心理から、

ドタキャンを防ぐ方法を考えていきます。

 

 

ドタキャンする人は、理由をなんと言うでしょうか。

「急用ができて・・・」

「体調が悪くなって・・・」

 

ちょっと突き詰めて考えますと、

「急用ができて・・・」

→ 僕の方が先に約束してましたよね?

 

「体調が悪くなって・・・」

→昨日の時点で体調良くなかったんじゃないですか?

 

 

・・・・・・・・・・

・・・・・・

・・・

 

 

ここから思うのがこれ。

 

「そのドタキャンって突然決まったことなの??」

 

 

どうも、

多くの理由が言い訳っぽく感じるんですよね~

(もちろん、本当の場合もあるでしょう!)

 

もしかすると、

”本当の気持ち” を語れない理由があった。

そうすると、本当の理由はこれじゃないかと!

 

 

「めんどくさくなった」

 

 

ドタキャンされた側からすればマジカヨってものですが、

ドタキャンした人を深掘りすると、圧倒的にこのホンネが多い!

 

「わざわざ雨の日に外出なんて、メンドクサイ・・・」

「うーん寝不足だな~、二度寝したい、メンドクサイ・・・」

 

 

その気持ち・・・・は分かります!!(笑)

誰でも思ったことはあるのではないでしょうか。

(本当にすっぽかすかは別です!)

 

 

これらは大体、朝起きた時の感情であります。

すると、その時の気持ちは限られます。

「眠い」・「疲れた」・「天気悪い」

 

 

要は、

ドタキャンされるときの相手の脳内は

このようなバトル構図なのです。

 

「眠い」「疲れた」「天気悪い」

VS   

   自分と会うメリット

 

 

ここで本題。

ドタキャンされない方法。

 

答えは明快で、

朝にやってくる、一瞬の感情との戦いを

「そもそも起きないようにする」!!!

 

 

そのためのテクニックの1つがこれ。

 

必ず前日夜に必ずメール。

「明日楽しみです!」

 

自分と会うことにワクワクさせる連絡をします!

 

 

前日に送ることで、翌朝に約束を天秤にかけられる可能性がグッと減ると思います。

(ここ数年ドタキャンされた覚えはないです)

 

余談ですが、ドラクエ好きな僕はマホトーン戦略と呼んでいます。

(マホトーン:相手の呪文攻撃を封じ込める魔法。)

 

 

人の心理を読んで、

これを心掛けるだけで、

仕事も、恋愛も、かなりストレスが減ると思います。

 

人間関係のトラブルが減ると、

毎日かなり楽になります。